じっくり見てる時に話しかけられると、買う気失せる

Posted by 高鍋パソコン教室 at 19:18 2017年06月25日

陶器や陶磁器を見るのが好きです。
しかし、困る事もあります。何を買うか決めないで行くので、よくスタッフの方から、何かお探しですか?と声をかけられます。

そもそも、陶磁器は、持ちやすい、使いやすい、洗いやすい、割れにくい、柄がシンプルが理想なので、探したいものを言ったところで、スタッフには解決出来ません。一つずつ持ってみるしかありません。
陶器好きな割に、作家に興味がなく、誰々が作った言われてもよく分かりません。
つまり、一回気に入って購入しても、窯元が分からないので、2度と探し当てられません。

そんな話ではなく、みなさんは、どうでしょうか?何かお探しですか?って声をかけられる事は多いのでしょうか?  


これ、美味しいよ!と言われた食べ物は、美味しいを押し付けられている

Posted by 高鍋パソコン教室 at 03:26 2017年06月24日

家計簿アプリは、これがいいよ!と言われて入れたけど、使い難いから変えちゃった。と言う話を聞くと、世の中にソフトやアプリが増えたと実感します。

しかし、何故使い難いと感じるアプリがあるのでしょう?より簡単な操作が出来る=使い易い訳ではないようです。

フォトショップがいい例ですが、今でこそ便利だと感じますが、色々出来すぎるわ、項目ありすぎてどこを見たらいいか分からないので、最初の頃は使いにくかったです。身の丈に合っていないソフトだったのです。多少の色変更なら、無料ソフトで済むのにと思っていました。
融通きくソフトだと知ってからは、使いやすくて手放せなくなりました。CCの毎月払うシステムは、正直、どうなの?という気はしますが。

使い難いのに、何故手放さなかったか?
それは、この辺に、こんな事が出来る機能あるって直感で分かったからです。大事です。機能が揃っていても、どこに何があるか分からないのでは、使い難いソフトになる。

最近思うのですが、家計簿アプリは、レシートを撮るタイプがあり、実際商品説明では書いてある。撮るだけなら簡単と、いざアプリをインストールしたら登録が必要と言われ、使えるようになるまでの行程を面倒に思うというのが、使い難いと感じる原因の一つではないかな?と思います。

人によって面倒くさい、使い難いポイントは変わります。

一概に、これが良いよ!というアプリはありませんが、少しでも良さそうと思ったら、それをインストールして暫く使ってみると素晴らしいアプリになると思います。

人が良いと言ったからって我慢して使う必要ありません。個人差はあります。無料アプリを片っ端から何となく使って、操作し易ければ、それを使い続ける事をオススメします。  


新しい企画の採用許可を出す人は凄い

Posted by 高鍋パソコン教室 at 08:43 2017年06月23日

アイスのガリガリくんは、期間限定で様々な味をだしています。明らかに、どうなの?と思う事もありますが、様々な可能性を模索しているみたいで、次は何が発売されるか、密かな楽しみではあります。

様々な可能性を秘めている以上、試したい事はあるのですが、資金に限界がある中で、この企画をやろうという判断を下すのはプレッシャーです。

リスク無しでは新しいものは生まれないけど、躊躇する事もあります。ブームに乗っかって期間限定で行う。数年先を見越して、長期にわたって試行錯誤を繰り返して人気イベントにする。

どちらかだけじゃなく、同時進行が理想的だと考えます。短期イベントを開催して固定客を増やして、長期イベントも並行する。

そもそも、見向きもされなければ短期も長期もないですね。

何にせよ、スタッフの能力を明らかに超えすぎて、収集つかない事はしない。最初はその辺から始めます。  


予想外に集まる

Posted by 高鍋パソコン教室 at 15:52 2017年06月22日

来週開講のホームページ作成講座の打ち合わせをしに、高鍋商工会議所に伺った時に言われました。

もっと人数少ないと思った

高鍋には、実際にホームページを持っている方はいらっしゃいます。ホームページに関心あるけど、作り方分からない方もいらっしゃいます。
自分の腕では未熟だから、プロに頼みたいけど、高いから頼めない人。自分で自由に作りたいって思っている人。
様々な理由があるでしょうが、後押し出来た結果かな?と解釈しました。

授業が終わっても自分で作れるテキストを完成に向けて制作中です。  


テキスト作りってプログラムに似てる

Posted by 高鍋パソコン教室 at 08:41 2017年06月21日

様々なテキスト作りを進めております。
一通り仕上げ、その通りに進めて効率よく仕上げられるか試す。何でもかんでも画像を貼り付けずに、文章で問題ない時もあるし、画像がないと分かりにくい時もあります。

こちらが当たり前のように使っている単語が、お客様に伝わるか分からない時には、変更する。
試行錯誤を繰り返します。当然ですが、誰も教えてくれないので、時には、テキストが迷走します。

テキストの評価が出るのは随分先です。授業を受けた後、テキスト通りに進めたら出来た!と言われると、ホッとします。そして、また、テキスト改良します。

本当は、個々に合わせたテキストを作りたいですが、難しいです。授業を受けて間もなければ、テキスト見て作れるけど、忘れた頃に見たら意味不明になっていないか?

テキストの形式を変える必要があるのかもしれません。集客するのも大事ですが、いつお客様が授業受けても大丈夫なように、テキストを万全な状態にしておくのも大事です。  


頑張るパソコン

Posted by 高鍋パソコン教室 at 19:00 2017年06月20日

便利にする為にはシステムを大きく変える必要があります。

しかし、新しくないOSを使う人がいる限り、ソフト開発側は、新しいOSだけではなく、以前のバージョンも気にかける必要があります。

7やXPは使い易いという声を、未だに聞きます。
実際、使い続けている方もいらっしゃいます。

10に上げた、もしくは上がっちゃった…どちらにせよ、慣れた人もいるし、我慢して使っている方もいます。

OSに限らず、オフィス製品も2003〜2016まで、様々な人がいる。

全く動かなくなる事なく、使えている。スピードは流石に、差は出ますが。

こんなにバージョンがあるのに、凄いことです。

こっそりと、Windows10のサポート期限は2025年と公表されています。それから先、OSがどうなるのか?今までのOSやオフィスのバージョンは思い切って、使えなくするのか?はたまた、新しい、Windowsじゃない何かになるのか?

何にせよ、その時には、誰にでも使い易いソフトを開発して欲しいものです。その為には、ユーザーも新しいものを受け入れる準備が必要ですね。  


虫の馬鹿!

Posted by 高鍋パソコン教室 at 07:17 2017年06月20日

打ち合わせで、ある場所にいました。
順調に和やかに打ち合わせが進み、金額の話をしようとした刹那。

アブが入ってきました。

何故、私たちにだけまとわりつくか知りませんが、散々引っ掻き回し。
平静を装いながら、商談を進めていましたが

全員でビビっていたのが、手に取るように分かる始末。
無事?打ち合わせが終了。

そんなビビリ達が開講するホームページ作成講座ですが、いよいよ目前です。準備に追われていますが、分かりやすい内容を心がけております。まだ、ご予約は受け付けておりますので、時間に都合のつく方は、是非ともご参加下さいませ。  


好きな事があるのは、いい事だけど、目の前の問題を後回しにしたら好きな事が出来なくなる状況になるよ

Posted by 高鍋パソコン教室 at 08:41 2017年06月19日

代表の娘が、ボヤいていました。
今期のアニメは、まだ24作品しか見ていない。46作品あるのに!

世に出されるアニメの作品数が異常ですね。アニメは好きだが、アニメーターは儲からないからならない。勉強はしなきゃいけないけど、やめられない。と、現実逃避してるだけじゃないか?と思いつつ。

アニメと言っても、勉強は出来ます。
登場人物の名前から、語源を探し言葉を識る。
歴史をアニメにしてる作品なら、つきつめてみる。
作品全体で音楽や映像の仕組みや重要性を学ぶ。
アニメがどうやって作られているか?それを学んでいくうちに、仕組みを知る。
これも、立派な勉強だと思うのです。

しかし、試験の時には楽しんでもいられません。
中の人は、ワードやエクセルの検定試験で満点を取った事がありません。
検定によって、問題のニュアンスが独特で、意味を読み違えます。どんなに言い訳しようとも間違ったって結果しか残らない。
何度でも再受験出来ても、やはり一回で受かりたいものです。
その為には、問題慣れする時間も考えた勉強が必要になります。

娘よ、頑張れ。
このままいけば、将来アニメを見られない状況になるよって忠告を笑っていたけど、ありゃマジだぞ。  


同じ映画を見ても、見るポイントは異なるよ

Posted by 高鍋パソコン教室 at 20:22 2017年06月17日

スタッフと映画を一緒に観に行く事があります。
互いに面白そうと感じた映画は一緒に行きます。
あと、地雷な映画も。面白さも残念さも、一緒に見れば半分のダメージという、失礼極まりない理由です。

なんにせよ、最終的な結論は同じなんです。
しかし、結論に到達する過程が異なります。

それは大事なことで、他人が、何に注目していたか?を知ると共に、自身の考え方の参考に出来ます。

そして、どんなに残念な作品でも、何とか楽しもうとする…その状態が楽しくなってくるのです。
見終わった後は、沈黙に陥りますけど。

何でも、楽しんでみましょう。つまらなければ、その状況を楽しくなるように努めてみましょう。  


Posted by 高鍋パソコン教室 at 23:05 2017年06月16日

限界の壁なんていうと、男子が喜びそうな表現ですが、どんな分野でもあること。
知識の場合は、調べて学べばいい。
それでも分からない時は、餅は餅屋です。

しかし、文字入力速度を早めたい時は、がむしゃらに入力していても上達しません。
焦らずに、間違えないように入力しましょう。

次に、見ずに入力しましょう。ここまで出来れば、一般的に全く問題ない速度になっているはずです。

それが出来たら、aを入力するから、あ という文字が出る…ではなく、キーボードのここを叩いた結果、あ という形が表示されたという考え方に変化していきましょう。早打ちは、反射がコツです。

これ以上の領域に進もうとしたら、パソコンの設定が絡んできます。

生徒さんは、入力が遅いっていう方が多いです。教室側から言わせて下さい。
充分入力出来ているけど、今以上の速度は必要ですか?