不思議な出来事

Posted by 高鍋パソコン教室 at 21:03 2017年12月16日

年賀状作成、印刷依頼が多くなっております。
それに関連する、誤字やレイアウトミスも、お客様と確認していても、発生します。
名前の誤字は、致命的です。
1人で刷っている方、今一度、隅々まで確認しましょう。

さて、昨日のこと。
適度に多い印刷をしておりました。枚数を指定して、印刷し始めたので、プリンタから少し目を離して、お客様と会話していると、何故かプリンタが動いている音がしません。
枚数は60枚程度。印刷枚数も確認しています。3枚ほどしか刷れていない。プリンタの電源が落ちていますが、誰も触れる距離にいません。
枚数は確かに60枚と入れていました。プリンタの故障が頭をよぎりましたが、電源は普通につきました。

もう一度設定しようと、さっきの印刷データを削除しようとしたら、ないのです。
まるで、最初から3枚しか刷らないかのように。まるで、枚数刷り終わったら、側にいた何かが電源スイッチを切ったかのように。コンセントが抜けていたか、コードがおかしいのなら、その後すぐに電源がつくはずがありません。

入力を間違えたにせよ、何故、電源が落ちていたのでしょう?少しだけゾッとする出来事でした。  


印刷用紙の種類で便利な用紙がある

Posted by 高鍋パソコン教室 at 03:22 2017年12月08日

ヤマダ、ベストのような電気屋さん。ホームセンター、文具屋などにも、様々な印刷用紙があります。
ヨドバシカメラに行きますと、様々なラベル用紙から、高品質すぎる写真用紙、絵を印刷するような用紙もあり実物を見られます。ネット通販で取り寄せは可能ですが、拘るならば、商品を手に取って買うのが1番理想的です。

ある店で、ボードに毎日、品名と金額を書いています。これが意外に時間がかかる作業ですね。
こういう負担こそ減らせば他の作業が出来ますので、作る事にしました。
マグネットタイプの印刷用紙が存在します。
ただ、やはり無駄にはしたくないので、文字のサイズを普通紙でテスト印刷は必須となります。
遠くからでも見えるようにするには、ポップ体が理想です。値段はポップ体だと、1か7が分かりにくいということがありますので、慎重に選んでいきます。

今まで、この店は、手書きが当たり前だったので、急にパソコンで作成したら印象変わると思いますが、お客様…特に常連さんはどう思うか?内心ドキドキしています。
芸術品ではなく、商品として作成するので、依頼主の負担が減る目的を達成しないと、成功とは言えません。
手書きしてもらい、それを取り込んで印刷するのもいいかもしれません。色々と試行錯誤を繰り返して、満足いくものが出来ます。その為には、コミュニケーションは必要ですね。  


年賀はがき

Posted by 高鍋パソコン教室 at 02:50 2017年12月08日

年賀状の作成と印刷が増えてきました。
みなさま、個性的なデザインの年賀状を作成しています。1年に1度の事ですので、インクコストの事を考えすぎないと、すぐにデザインが決定する傾向にあります。
プリンタは油断すると、紙送りが上手くいかなかったり、色が出なかったりするトラブルに見舞われます。メンテナンスしても改善しない場合は、買い替えが安上がりです。プリンタ自体も消耗品と化しているのは、如何なものか?と思いますが。

年賀状作成で、プリンタ以上に大切なものがあります。

そもそも年賀はがきが無ければ、印刷が出来ません。
戌年の年賀状なのに、切手がネズミだったり猫だったりと、謎なデザインもありますが、やはり人気なデザインはスヌーピーになります。
既に、在庫分はありません。
郵便局に問い合わせたところ、増版して来週少しは入ってくるが、何枚か分からない…という回答を頂きました。

郵便局は、ノルマが厳しいと聞きます。商品が無ければノルマ達成も何もあったものではないと思うのですが。他の切手デザインで代用は可能ですが、1年に1度の作成。切手デザインも込みで、送られた側を楽しませるものだと考えます。

そして毎年の事ですが、お客様のばかり作り、パソコン教室用の年賀状を未だに作っておりません。犬とは関係ないけれど、めでたいであろう写真を使ってデザインしようとは考えておりますが果たしてどうなるか。作る側になるのも楽しいものですね。  


ファックスも気をつけなければ

Posted by 高鍋パソコン教室 at 07:20 2017年12月05日

とある仕事の依頼を受けました。
依頼を受けた数時間後に、お客様へファックスを流し、誤字の修正を流しました。すると電話が。

ファックス流れてきたけど、色が薄くて見えません。⁈

毎回これでは仕方ないので、調べてみました。
ファックスにも、様々な送信設定があるようで。
メーカーによってかもしれませんが、送信濃度なる項目から、濃さを変えられるとのこと。
それ以前の問題で、何故、下書き段階でHG正楷書体-PROを使ってしまったのが大問題です。この字体は線が細いので、益々、輪をかけて薄く見える原因を作ってしまいました。

かと言って、マジックで書いた字ですと、太くて文字が潰れて読解困難になります。

皆様も、ファックスを送る際は、字体と文字の太さには気をつけましょう。
  


詐欺にあいました…?

Posted by 高鍋パソコン教室 at 21:13 2017年12月02日

ふと思い出しました。
去年に、動きが悪いからと、動きの悪すぎるパソコンからバックアップを取る作業をし、外付けハードディスクに入れ、後で返して下さい。

で、返ってきません。お金ですか?バックアップ損ですね。個人経営の方なら、払う払う詐欺にあった経験はあると思います。時間の無駄なので、他で稼ぐ事にしています。

ちなみに、その外付けハードディスクは、2.0な上に何百回と抜き差しを繰り返し、何十回もフォーマットしたのですが、大丈夫なのでしょうか?

こういう事が起きると、厳しくせざるを得なくなります。

何故思い出したか?それに近い事が起きています。
個人経営は仕事を選べないと言いますが、時間になって来ないので、連絡しました1時間後に。後日になりました。来られないにせよ、連絡欲しかったな…と、ちょっとガッカリな1日になりました。

それとは別に、請求書送ったのに、未だに支払いもなく、いつまでに支払えるか?の連絡もない人へ電話を月曜日にかけます。

未収金は、年内に無くしたいですね。  


年賀状ソフトは、1年に1度使うだけだから操作を忘れる

Posted by 高鍋パソコン教室 at 16:52 2017年11月22日

書店に行けば年賀状イラスト書籍が並び、電気屋さんは年賀状ソフトが充実し、そこら中で年賀状作りませんか?の旗やポスターを見かけます。

注文すると、細かいデザイン変更は出来ませんが、綺麗な仕上がりで納品されます。
ご自身で作られる方は、試行錯誤しながら、満足いく年賀状を作られると思います。

特に、ご自身で作られる方は、年賀状のハガキデザインになっているか、確認してみましょう。
年賀状ハガキにはご存知の通り、当選番号がついています。

年賀状ソフトは通常ハガキも印刷出来ますが、こちらの設定にすると、当選番号部分にまで、文字が印刷されてしまいます。
また、裏面はインクジェット用ハガキの設定を選んでから印刷したほうが、色が綺麗に出ます(インクジェット用ハガキを購入した時に限ります)。

今更当たり前の注意点ですが、案外、気付かずに、後で「しまった!」となるものです。

色々確認は大切です。  


事務パソコン死にかける

Posted by 高鍋パソコン教室 at 14:02 2017年11月20日

日頃から、ほとんど使いっぱなしの事務パソコンの調子がおかしくなりました。
様々な修理をしているので、経験から分かりました・・・ハードディスクが壊れる直前だと。

このままでは完全に停止すると判断し、データを取り出して調べたところ案の定ハードディスクでした。
ハードディスク交換とリカバリを終了させ、使用するソフトをインストール中です。
お客様が、教室に依頼をしていただくおかげで、従業員の技術や知識も上がり、今回は早いうちに対応できました。

以前より、段違いに起動時やシャットダウンが遅くなる。
見たこともないエラーが出始める。

そのような時には、リカバリーだけでは対応できず、今回のようなハードディスクの可能性。
更に酷くなると、マザーボードが原因となり、買い替えたほうが安く済む修理代を支払う羽目になります。

動かないパソコンからのバックアップと、動くうちにバックアップを取るのでは、
自分でするにせよ、どこかに依頼するにせよ、それにかかる時間とお金が変わってきます。
特にこの時期は、年賀状を作る為にパソコンを動かす人がいると思います。
パソコンは、消耗品です。大切なデータは、日ごろからバックアップを取っておきましょう。   


雲海の話

Posted by 高鍋パソコン教室 at 22:23 2017年11月09日

前回の台風後、国見ヶ丘では早朝、連日のように賑わっております。
ものすごい確率で、雲海を見ることが出来ます。
前々日が雨、翌日の日中が気温が高く、その日の夜に気温が一気に下がって湿度が高い上に、ほぼ無風だと、目出度く雲海が見られます。

日の出の雲海もいいのですが、実は、その後が意外に壮大さを実感出来ます。へたすると、9時頃まで雲海が残っている事もあります。

素材を撮りに国見ヶ丘に行くのですが、動きが緩慢すぎて、雲だけ写しても平べったい写真にしかなりません。そうなると日の出や、遠くの山、近くの木々を入れて撮る事になります。しかし、多くを入れすぎて、どの被写体がメインなのか意味不明な写真になります。日の出前、日の出、日が昇りきった。
同じ画角でも雰囲気が違います。

チラシやポスターを作る際に、素材が必要になります。しかし、内容によって素材の構図は変わります。単に写していても意味がない趣味の写真です。

見ているものの、どこを切り取って撮影するか?
それは、何のために撮るかが分からないと、難しいものなのです。  


互換性インク…

Posted by 高鍋パソコン教室 at 15:56 2017年11月09日

インクジェットプリントプリンタのインクが、電気屋さんで販売しているわけですが。
インクコーナーに行くと面食らいます。

とにかく種類が多すぎますね。

純正のインクを探すのも一苦労です。
安い!と考えなしに購入をしていませんか?
それが、純正ならお得ですが。

純正インクを回収して、インクを詰めて販売している商品が互換インクやリサイクルインクなどと言うようです。
必ず悪いとは言い切れません。実際に安いほうを買うのは当たり前だと思います。
・25〜49%の確率で、プリンタ内でインク漏れをする商品に当たる。
・クリーニング回数が多くて、インクが気づいたら無くなっている。
・印刷すると、色が変。

特に、年賀状の季節になりましたので、ご自分で印刷までする方もいらっしゃると思います。リスクを念頭に置き、リサイクルインクは購入すべきだと思います。  


年賀状!

Posted by 高鍋パソコン教室 at 20:48 2017年10月28日

お値段据え置きで、年賀状の時期だけは使えますね。
その時期を過ぎたら、不足分切手を貼って使うしかないとのことで、郵便局の受付の作業が増える気がします…。

それはさておき。

毎年1人は必ず間違えて買ってきますよ、普通紙の年賀状を。印刷すると分かるのですが、想像より汚い色使いになってしまいます。
そして、この時期に久々にプリンタを動かして、色が出ない。プリンタが壊れている。というトラブルも恒例行事と化しております。

さて、そんなプリンタや用紙の種類。正しい物を買っても、そのまま印刷したのでは意味がありません。どの用紙で印刷するよ〜と、設定が必要になります。

それ以前に、デザインを作る必要があります。
様々な年賀状ソフト、ワード、イラストレーター系統などなど、様々な作り方があります。
どれで作っても最終的には出来ます。
作って終わりではありません。保存が必要です。

みなさま、意識して保存していますか?どのソフトで作ったか?ファイル名もですが、それ以上に大切な事があります。

何処に保存しているか?

OSやソフトによっては、あまり馴染みではない場所に保存されてしまいます。バックアップを見逃してしまう可能性もあります。
何処に保存したっけ?と探す羽目になり、時間の無駄になります。

年賀状に限らず、普段から意識して保存すると後々のストレスは減りますよ。